TEL:0120-972-884 (受付時間:平日9:00〜18:00)  メールでのお問い合わせはこちらから

Aさん

68歳男性/脳梗塞
3週間の病院入院中に介護保険を申請し、要介護2で自宅退院

「病院では、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)のリハビリを毎日2時間以上受けていたのに、退院したら、1週間で2時間しかリハビリを受けられない。もっと集中的にリハビリをして早く良くなりたい、そう思い、訪問リハビリを回数制限なく受けられるLCC訪問看護ステーションを選びました。病院と同じレベルのリハビリを自宅で集中してるため、みるみる回復してきています。リハビリ病院に退院するか迷っていましたが、自宅でのリハビリを選んで良かったです。退院後、自宅で過ごしたいという希望とリハビリをしっかり受けたいという私の両方の気持ちに応えて頂き感謝しています。

あったらいいなプログラム

①セラピストによる保険の範囲内での訪問リハビリ  1時間×週2回

②セラピストによる保険外の訪問リハビリ      1時間×週2回

Bさん

63歳女性、変形性股関節症
人工股関節の置換術の手術を受けた。

手術前の不安な時期から、手術後に備えて理学療法士によるリハビリを開始できたことは、より早い回復につながったと思います。また退院後も引き続き、退院前からお世話になった理学療法士にリハビリをしてもらい、安心してお任せすることができました。手術前から退院後まで一貫してリハビリを行い、今は、すっかり回復し、同じ理学療法士の方によるパーソナルトレーニングを引き続き受けて、健康的な体を維持しています。

あったらいいなプログラム

①手術前 理学療法士による保険外リハビリ 1時間×週1回
退院後スムーズに生活できるように入院前に出来る筋力トレーニングや動作練習、家具の配置の工夫を理学療法士と相談しながら行います。

②退院後 理学療法士によるリハビリ(医療保険もしくは保険外)1時間×週2回
ご自宅の環境や生活スタイルに合わせて、よりきめ細かなリハビリトレーニングを受けられます。特に退院後の歩行姿勢や歩行量の負荷などをご自宅での生活レベルに合わせてチェックできます。

③回復後  理学療法士による自費パーソナルトレーニング 1時間×週1回

Cさん夫婦

80歳女性(自立レベル)と85歳男性(要介護3)の夫婦

(奥様の声)「主人の介護をしながら生活しているのですが、年のせいか最近、膝や腰が痛くて介護が大変。整形外科に通いたいけれども、外出できる時間が取れないのが悩みでした。でも、主人がLCCの理学療法士さんの訪問リハビリを受けていたので、私もついでにリハビリをお願いしてみました。時間の節約にもなりますし、いつも顔を合わせていた療法士さんだったので信頼してお任せすることができました。主人の介助の方法や自宅での姿勢も指導して頂き、自宅リハビリならではの良さも実感しています。回復してきたので、あちこちお出かけしたくなったので、最近は、リハビリついでのお留守番サービスを利用して、療法士さんにリハビリついでに3時間のお留守番サービスを頼んで、自分の趣味の観劇などに出かけることもできるようになりました。リハビリついでにときどき電球の取り替えや、家具の移動などもお願いすることもあり、我が家には欠かせない存在となっています。

あったらいいなプログラム

①ご主人の理学療法士による訪問リハビリ 週2回(保険)

②奥様の理学療法士による訪問リハビリ 週1回(保険外)

③リハビリついでのお留守番サービス3時間 ときどき(保険外)

④生活サポートサービス(保険外)

Dさん

70歳代男性(要介護3、月に2回病院へ通院、
週1回訪問看護師が30分服薬管理で介入中)

病院の通院に、医師の病状の説明や薬の飲み方等を一人で聞く自信がなかったため、訪問看護に来てくれている看護師さんに通院付き添いで来て欲しいと相談したところ、介護タクシーで病院に同行してくださいました。一緒に主治医の診察に同席して病状の注意事項や薬の飲み方などを詳しく聞いてくれたので、安心して在宅生活が送ることができています。

あったらいいなプログラム

①訪問看護(保険) 週1回

②看護師による病院同行サービス(保険外) 月2回