弊所における新型コロナウイルス感染者発生について

 
関係各位

ライフ・ケア・コンシェルジュ株式会社

LCC訪問看護ステーション

代表取締役社長 加藤慎一郎

取締役西麻布サテライト所長 鳥谷将由

 

平素は弊所の事業活動に格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。

さて、この度弊所において新型コロナウイルスの感染者が発生致しましたので、その経緯ならびに事業への影響、また今後の見通しに関しまして以下の通りご報告申し上げます。

 

<判明からの経緯>

 

8月7日(金)弊社LCC訪問看護ステーション西麻布サテライト(以下弊所)のご利用者様が新型コロナウイルスに感染している事が担当医師からの連絡で判明致しました。

その連絡を受け、当該ご利用者様に訪問・接触していた看護師5名に感染症状は確認されておりませんでしたが、同日自主的にP C R検査を受診させ、自宅待機としておりました。その結果、8月9日(日)2名のスタッフに陽性反応が確認されました。

2名の感染者は何も無症状あるいは軽症と言う事で、保健所の指示のもと現在自宅療養をしております。加えて上述のご利用者様と濃厚接触者にあたる他3名につきましても、検査結果は陰性反応でしたが、経過観察の為、現在自宅待機しております。

一方、2名の感染スタッフが訪問していたご利用者様ならびにそのご家族、さらには弊所の他スタッフに濃厚接触者の該当は無いと、8月11日(火)管轄保健所より正式な調査結果の連絡をもらっております。

また、保健所の調査に先立ち、弊所全常勤スタッフならびに弊所への応援が予想される他サテライトの弊社スタッフ、合わせて15名を対象に自主的に実施したP C R検査の結果につきましても、昨日12日(水)全ての者の陰性を確認しております。

 

<今後の見通し>

 

感染判明以降昨日12日(水)まで弊所の事業活動は全面的に休止させて頂いておりましたが、上述の通り、感染者及び自宅待機者の発生により、本日13日(木)以降も一部を除き看護師による定期訪問ができない状況となっております。

そこで、誠に勝手ではございますが、改めて一旦8月23日(日)まで休止の延長をさせて頂くことに致しました。この間一部のご利用者様、及び緊急時対応に関しましては、管理者ならびに他サテライトの看護師により実施させて頂きます。なお、リハビリスタッフの訪問に関しましては、本日以降順次再開致します。

また、弊社の渋谷サテライトならびに芝浦サテライトにつきましては、事業所も分けて運営しており、かつ感染リスクのある当該期間におけるスタッフ間の接触の無い事を確認した上で、通常の活動を継続しております。

最後に、弊所と連携頂いている関係者様におかれましては、多大なご不安ならびにご迷惑をおかけしております事、心よりお詫び申し上げます。

なお、本件に関しましてのお問い合わせは以下にお願い致します。

 

 LCC訪問看護ステーション

TEL:03-6447-1460  FAX:03-6447-1461

鳥谷、原田